アクションセンターを出すショートカットキー

2017年08月07日(月)

Windows 10のアクションセンターは、画面右下の吹き出しのようなアイコンをクリックして表示させています。
これをキーボードのショートカット一発で出すことができます。

Windowsキー + aキー
同時に押すとアクションセンターが出てきます。
アクション

通知の表示時間の設定

2017年07月27日(木)

タスクバーの右下に通知が表示されるが、すぐ消えてしまい確認できない。
(既定の設定は5秒です)

1) ①スタート → ②設定をクイック。
通知1

2) Windowsの設定が開くので、簡単操作をクイック。
通知2

3) 一番下のその他のオプションをクイック。
4) 通知を表示する長さのVをクリック
通知3

5) 5秒・7秒・15秒と現れるので好みの秒数をクイック。
通知4

6) 以上で設定完了で、以後通知が表示される時間は15秒になります。

office2016とoffice365との違い

2017年07月04日(火)

office2016

 office365とoffice2016の違い
 こちらに詳しく書かれています

自分の使っている単語登録を他のパソコンで使う方法

2017年06月27日(火)

1) 単語登録をUSBに保存します。
ツールバーをクリックしてユーザー辞書ツールを開きます。
単語登録1

2) ユーザー辞書ツールを開くので、ツールをクリックして一覧の出力と進みます。
単語登録2

3) 出力の一覧で、保存場所(USB)を指定して、ファイル名を分かりやすく「単語登録」として、保存をクリックします。
単語登録4

以上でデスクトップに単語登録が保存出来ました。

単語登録データを他のパソコンに移動する方法です。

1) 旧パソコンのユーザー辞書を新パソコンのデスクトップなどへコピーします。
2) タスクトレイの日本語入力表示を右クリックし、表示されたメニューで「ユーザー辞書ツール」をクリック。
単語登録5

3) 開いた「Microsoft IME ユーザー辞書ツール」画面の「ツール」タブをを選び、「テキストファイルからの登録を」をクリック
単語登録6

4) 「テキストファイルからの登録」画面が開くので読み込むファイルを指定して、「開く」
単語登録7

NumLock

2017年06月09日(金)

「気づかないうちにNumLockがかかっていてイライラ…」、
そんなときは、NumLockやCapsLockなどのキーが入力されたとき、音で知らせしてくれる機能が便利です。

NumLockとはこれです。
NumLock-1

「設定」
NumLock-2

「簡単操作」
NumLock-3

「キーボード」
NumLock-4

「切り替えキー機能」
NumLock-5

オンにできます。
実際に試してみると、NumLockを押すと「プツ」と言う可愛いい音が、NumLockを切ると「ピツ」と言う音が聞こえました。
へら鮒釣りが趣味の70を過ぎたお爺さんです。

Author:noriheraのブログ
定年後にPCを始めた釣り好きのジジイです。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR