Word(ワード)で挿入した図が勝手に消える

2017年02月26日(日)

最初の段落を削除するためにドラッグして選択すると、自動的に横の図も選択されているのがわかります。
図が消える1

この状態で削除操作をすると、選択した文字(段落)と一緒に図も消えてしまいます。

図をクリックすると段落の左側に
図10
の様な碇のアイコン(アンカーアイコン)が現れます。
図が消える2

(アンカー)アイコンを下の方にドラッグし、次の段落の横に移動させます。
図が消える3

これで、図は次の段落と結合されました。

図をたえず同じ段落と結合しておく方法です。
結合を固定しておきたい段落に未設定(アンカー)アイコンを移動します。
図をクリックします。
図が消える4

 リボンメニューから「図ツール」の「書式」タブをクリックし、「配置」グループの「文字の折り返し」をクリックし、その他のレイアウト オプション」をクリックします。
図が消える5

「レイアウト」のダイヤログボックスが開きます。
「位置」タブをクリックします。
「オプション」の「アンカーを段落に固定する」にチェックを入れます。
「OK」ボタンをクリックします。
図が消える6

(アンカー)アイコンが、未設定の様に「鍵」付きにかわりました。
図が消える7

これで、この鍵の付いたアンカーアイコンはドラッグ操作で移動できなくなり、この段落に固定されました。

アンカーアイコンが表示されない場合は、リボンメニューの「ホーム」タブをクリックします。
「段落」グループの「編集記号の表示/非表示」未設定のアイコンをクリックします。
図が消える8

これでで、アンカーアイコンや段落記号が表示されます。
また、「文字列の折り返し」が「行内」になっている場合は、アンカーは表示されません。
図が消える9

以上です。

コメントの投稿

非公開コメント

へら鮒釣りが趣味の70を過ぎたお爺さんです。

Author:noriheraのブログ
定年後にPCを始めた釣り好きのジジイです。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR