文書に三つ折りの目印を付ける

2016年08月26日(金)

Wordで文書に三つ折りの目印を付ける方法 です。
1) リボンから「挿入」タブをクリックし、「図」グループの「図形」をクリックして、表示された一覧から「線」欄の「直線」をクリックします。
三つ折-1

2) 余白でドラッグして、余白に入る長さの直線を描きます。
ここでは例として、左余白でドラッグします。
三つ折-2

3) 描いた直線を右クリックして、表示された一覧から「コピー」をクリックします。
三つ折-3

4) 左余白を右クリックして、「貼り付けのオプション」欄の「元の書式を保持」をクリックします。
三つ折-4

5) 2本の直線を選択します。
どちらか1つをクリックして、キーボードの「Shift」キーを押しながらもう1つの直線をクリックします。
三つ折-5

6) リボンから「書式」タブをクリックし、「配置」グループの「配置」をクリックして、表示された一覧から「余白に合わせて配置」をクリックします。
三つ折-6

7) 再度「配置」をクリックして、表示された一覧から「上下に整列」をクリックします。
三つ折-7

8) 以上で操作完了です。
縮小してみると文書に三つ折りの目印がついています。
三つ折-8

以上で完了です。

コメントの投稿

非公開コメント

へら鮒釣りが趣味の70を過ぎたお爺さんです。

Author:noriheraのブログ
定年後にPCを始めた釣り好きのジジイです。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR