Defender の使い方

2016年08月22日(月)

Windows Defender の使い方
「Windows Defender」とは、Windows8の標準機能として搭載されているセキュリティ機能です。スパイウェア・マルウェアなどからコンピュータを保護してくれます。
1) スタート画面から、Windows Defenderを開きます。
スキャン-1

2) クリックすると「Windows Defender」が起動します。
スキャン-2

3) 右カラムにある「スキャン オプション」にマウスカーソルを近づけると「クイック」「フル」「カスタム」のスキャンの解説が表示されます。
スキャン-3

クイック スキャンでは、悪意のあるソフトウェア(ウイルスやスパイウェアなど)および望ましくないソフトウェアに観戦する可能性が最も高い場所がチェックされます。

フル スキャンでは、ハード ディスク上のすべてのファイルおよび実行中のすべてのプラグラムがチェックされます。このスキャンは、システムによっては 1時間以上かかります。

カスタム スキャンでは、選択した場所とファイルのみがチェックされます。

コメントの投稿

非公開コメント

へら鮒釣りが趣味の70を過ぎたお爺さんです。

noriheraのブログ

Author:noriheraのブログ
定年後にPCを始めた釣り好きのジジイです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR