Word(ワード)で挿入した図が勝手に消える

2017年02月26日(日)

最初の段落を削除するためにドラッグして選択すると、自動的に横の図も選択されているのがわかります。
図が消える1

この状態で削除操作をすると、選択した文字(段落)と一緒に図も消えてしまいます。

図をクリックすると段落の左側に
図10
の様な碇のアイコン(アンカーアイコン)が現れます。
図が消える2

(アンカー)アイコンを下の方にドラッグし、次の段落の横に移動させます。
図が消える3

これで、図は次の段落と結合されました。

図をたえず同じ段落と結合しておく方法です。
結合を固定しておきたい段落に未設定(アンカー)アイコンを移動します。
図をクリックします。
図が消える4

 リボンメニューから「図ツール」の「書式」タブをクリックし、「配置」グループの「文字の折り返し」をクリックし、その他のレイアウト オプション」をクリックします。
図が消える5

「レイアウト」のダイヤログボックスが開きます。
「位置」タブをクリックします。
「オプション」の「アンカーを段落に固定する」にチェックを入れます。
「OK」ボタンをクリックします。
図が消える6

(アンカー)アイコンが、未設定の様に「鍵」付きにかわりました。
図が消える7

これで、この鍵の付いたアンカーアイコンはドラッグ操作で移動できなくなり、この段落に固定されました。

アンカーアイコンが表示されない場合は、リボンメニューの「ホーム」タブをクリックします。
「段落」グループの「編集記号の表示/非表示」未設定のアイコンをクリックします。
図が消える8

これでで、アンカーアイコンや段落記号が表示されます。
また、「文字列の折り返し」が「行内」になっている場合は、アンカーは表示されません。
図が消える9

以上です。

Wordで表を削除する

2017年02月21日(火)

1) 表の左上をクリックして表全体を選択すます。
表を削除1
表を削除2

2) ここで、「Delete」キーを押すと、表は消えずに表の中身だけが消えます。
表を削除3

3) これでは無く、表そのものを消したいので次の操作をします。
   表全体を選択します。(ココまでは同じ)
   「Shift」キーを押した状態で、「Delete」キーを押します。
   すると、きれいに表と文の両方が消えます。 

Wordの表中の文字だけを残して表だけを消す方法

2017年02月20日(月)

1) 表の中ならどこでもいいのでクリックして、「表ツール」リボンの「レイアウト」タブを選択します。
表中の文字1


2) 「データ」グループの「表の解除」をクリックして、「表の解除]」ダイアログで「タブ」にチェックを入れ[OK]ボタンをクリックします。
表中の文字2

3) 表が解除され、内部の縦罫線部分が「タブ]」に変更されます。
表中の文字3

Wordで文章にコメントを挿入する

2017年02月19日(日)

1) リボンメニューの「校閲」タブをクリックします。
コメント1

2) 文章中のコメントを挿入したい部分をマウスのドラッグで選択します。
コメント2

3) 「コメント」グループの「コメントの挿入」をクリックします。
コメント3

4) コメント欄が挿入されましたコメントを記入します。
コメント4

コメントを非表示にする
1) 「変更履歴」グループの「変更履歴とコメントの表示」をクリックします。
「コメント」左のチェックをクリックして外します。
コメント5

Wordでイラストの回転・反転

2017年02月18日(土)

イラスト1

上図の「ウサギ」の図を左向きにします。

1) 「ウサギ」の図を選択して、書式をクリック、回転をクリックします。
イラスト2

2) 左右反転をクリックします。
イラスト3

3) 左向きに変りました。
イラスト4

Excelでセルを方眼紙状に作る

2017年02月17日(金)

左上を押して全選択しておきます。
セル1

Aを右クリックして列の幅をクリックします。
セル2

列の幅が8.11になっているので、
セル3

1.63と入力してOKします。
セル4

正方形になりました。
セル5

セル幅1.63で正方形と覚えます。

GoogleフォトでURLを作る

2017年02月16日(木)

1) Googleフォトで作る画像を選んで、「共有」ボタンをクリックします。
URL1

2) 出てきた画面では「リンクを取得」を選びます。
URL2

3) 写真を標示するためのURLが標示されます。
「コピー」をクリックするとURLがクリップボードにコピーされます
URL3

4) メモ帳に貼り付けたURLです。
URL4

このURLをコピーしてメールで送れば容量を押さえて遅れますし、複数の画像も1つのURLで送る事が出来ます。

変換候補をズラッと表示

2017年02月15日(水)

変換候補がたくさんある場合、少しずつ探していくのは大変です。
変換候補一覧の右下にある、[>>]をクリックすると、
変換候補1

変換候補が一気にズラッと表示されました。
[<<]をクリックすると、
変換候補2

元の一覧の大きさに戻ります。
変換候補3

[Tab]キーを押しても同じ作業が出来ます。
[Tab]キーを使う場合は、変換候補が表示される前に[Tab]キーを押しても、ズラッと表示されることはありません。

印刷待ちのデータを削除する方法

2017年02月14日(火)

1) 「スタート」「デバイスとプリンター」
データを削除1

2) 使用している「プリンター」をWクリック
データを削除2

3) 「印刷待ち一覧を表示」
データを削除3

4) 画面では印刷待ちが無いですが、「ドキュメント名」を右クリックして、
「キャンセル」、「はい」で削除出来ます。
データを削除4

「番地」が「年月日」にの変換を防ぐ方法

2017年02月13日(月)

住所の番地を入力するために、「2-2-1」とセルに入力し、[Enter] キーで入力を確定すると、「2002/02/01」といった年月日や「37228」という数字に変換されてしまいます。これを防ぐためには、セルにも文字列の表示形式を設定します。

「2-2-1」と入力して、
変換1

エンターを押すと、こうなってしまいます。
変換2

それを防ぐためには、設定したい箇所の範囲を選択し、右クリックして「セルの書式設定」。
変換3

[表示形式] タブで [文字列] を選択し、[OK] ボタンで完了です。
変換4

Wordで文字列を縦向きに選択する

2017年02月11日(土)

京都府  京都市   
滋賀県  大津市
大阪府  大阪市
兵庫県  神戸市
奈良県  奈良市

キーボードの「Alt」キーを押しながら、マウスでドラッグします。
縦向き

IPアドレス確認手順

2017年02月10日(金)

①コントロールパネルから確認する方法
1) 「ネットワークとインターネット」を選択します。
IPアドレス1

2) 「ネットワークと共有センター」を選択します。
IPアドレス2

3) 「アダプターの設定の変更」を選択します。
IPアドレス3

4) 「イーサネット」とご使用のLANカード 名が表示されますので、そちらをダブルクリックします。
IPアドレス4

5) 表示されるイーサネットの状態画面の「詳細」をクリックします。
IPアドレス5

6) 表示される一覧の「IPv4 アドレス」がそのパソコンに割り当てられたIPアドレスです。
IPアドレス6

②コマンドプロンプトでの確認
1) ウインドウズキー とX を押して、「コマンドプロンプト」を起動します。
IPアドレス7

2) コマンドプロンプトが起動しますので、「ipconfig」と入力し「Enter」を押します。
IPアドレス8

表示される結果の「IPv4 アドレス」がパソコン (クライアント)側に割り当てられているIPアドレスです。

EXCELフリガナを自動で入力

2017年02月09日(木)

1) 名前を入力し、フリガナを入力するセルをクイックします。
フリガナ1

2) 関数の挿入をクリックします。
フリガナ2

3) 関数の挿入ダイアログボックスが開くので、関数の分類を「すべて表示」にして、関数名の中から、PHONETICを選択して、OKします。
フリガナ3

4) 関数の引数のダイアログボックスが開くので、漢字で記入した「A1」をクイックしてOKします。
フリガナ4

5) 指定した場所にフリガナが挿入されました。
フリガナ5

6) フリガナの書式が入っているので、
フリガナ6

7) コピーで他の人にもフリガナが入ります。
フリガナ7

かたかなでの設定

8) 名前を選択してから、ふりがなの標示/非標示ボタンをクリック、ふりがなの設定をクリックします。
フリガナ8

9) ふりがなの設定が開くので、ひらがなを選択してOKします。
フリガナ9

10) 後は最初と同じで、ひらがなで入りました。
フリガナ10

  以上で終了です。

IMEのユーザー辞書を移行

2017年02月08日(水)

自分のPCには「単語登録」が60ほどあり、外の教室のPCで使えないかと試した結果、
USBメモリーに入れて、使って見たらとても便利に使えたのでUPしておきます。

1) ツールをクリックし、メニューが表示されるので、その中から「ユーザー辞書ツール」をクリックします。
単語登録1

2) 「Microsoft IME ユーザー辞書ツール」が表示されるので、「Microsoft IME ユーザー辞書ツール」の上部メニューの「ツール」をクリックします。
単語登録2

3) 「ツール」メニューが表示されるので、「一覧の出力」をクリックします。
単語登録3

4) ファイル名と保存する場所を選択し「保存」をクリックします。USBメモリーに保存です。
単語登録4

5) USBメモリーにIMEのユーザー辞書という名前で保存しました。この画面が出て終了です。
単語登録5

ユーザー辞書をインポート
移行するパソコンにユーザー辞書を移します。
1) 「Microsoft IME ユーザー辞書ツール」の「ツール」をクリックして「テキストファイルからの登録」をクリックします。
単語登録6

2) テキストファイルの登録ウィンドウが表示されるので、テキスト形式のユーザー辞書を選択し「開く」をクリックします。
単語登録7

これでユーザー辞書の移行完了です。

Wordで縦倍角文字を入力する

2017年02月07日(火)

縦倍角文字を選択します。
縦倍角
ホームのフオントの下をクイックします。
縦倍角1

フォントが開き、サイズが現在は13.5になっているので、倍の27として、詳細設定をクイックします。
縦倍角2

詳細設定が開き倍率が100%になっているので、50%にしてOKします。
縦倍角3

縦倍角になりました。
縦倍角4

割注でわかりにくい言葉の説明

2017年02月06日(月)

ワードには、用語の説明文を入力する「割注(わりちゅう)」という機能が用意されています。割注を利用すると、括弧付きで上下2行に文章を入力することができます。


1) 割注を挿入したい位置にカーソルを置きます。この文書の場合なら、「厚木へらぶなセンター」という用語の直後に置きます。

厚木へらぶなセンター

2) [ホーム]タブの[段落]で[拡張書式]ボタンをクリックしてメニューを開き、
割注1

3) [割注]をクリックします。
割注2

4) [割注]ダイアログボックスが表示されたら、[対象文字列]に説明文を入力します。説明文を括弧で囲むなら[括弧で囲む]をオンにし、[括弧の種類]を指定します。括弧は()、[]、<>、{} の4種類を選択できます。内容は[プレビュー]で確認しながら設定できます。設定したら[OK]ボタンをクリックします。
割注3

5) 完成です。
割注4

Excelでセルのマスを正方形にする方法

2017年02月05日(日)

① シートの全体を選択
1) シートの左すみをクリック
正方形1

② 列の幅の大きさを決定する
2) 列のアルファベットのあいだにある線にマウスポインタをあてる(A、B、C、D……どこでもOK)。マウスポインタの形が変わります。
正方形2正方形3

3) マウスを左クリックしたまま左右に動かし必要な列幅にする。
正方形4

③ 行のサイズ(数字)を決定
正方形5

※列の幅(ピクセル)と行の高さ(ピクセル)の数字をおなじにすれば、セルがすべて正方形になります
正方形6

セルをすべて選択し、列の幅(ピクセル数)と行の高さ(ピクセル数)の数字をあわせれば、すべてのセルが完璧な正方形になります。

Wordミニツールバーを非表示にする

2017年02月04日(土)

文字列を選択すると周辺にミニツールバーが表示され、そこから書式を設定できるようになります。
ミニツールバー1

ミニツールバーの表示が邪魔だと思うなら、以下の設定で非表示(無効)にすることができます。
2010:ファイル-「オプション」をクリック
「基本設定」-「選択時にミニツールバーを表示する」のチェックを外します。
ミニツールバー2

自分の生まれた日は何曜日?

2017年02月03日(金)

自分の生年月日は誰でも知っているが、生まれた日は何曜日だったか知っている人はいない。
生年月日を曜日に変換するエクセルの裏技です。
1) 調べたい生年月日を入力します。
何曜日1

2)右クイックして「セルの書式設定」をクイックします。
何曜日2

3) 「表示形式」「ユーザー定義」と進み、「種類:」に「aaa」と記入して「OK」。
何曜日3

4) 曜日が表示出来ました。
何曜日4

5) 「aaaa」とaを4回打つと、曜日が入ります。
何曜日5

Word・Excelのバージョンを確認

2017年02月02日(木)

1) [ファイル]タブをクリック
バージョン1

2) [ヘルプ]をクリックします
バージョン2

3) 右側に表示されたもののうち、図の部分で、ソフト名とバージョンを確認することができます。
バージョン3
へら鮒釣りが趣味の70を過ぎたお爺さんです。

noriheraのブログ

Author:noriheraのブログ
定年後にPCを始めた釣り好きのジジイです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR