現在の日付や時刻を簡単に入力

2017年10月13日(金)

日付を入力したいセルをクリックして選択し、
Ctrl キーと「;(セミコロン)」キーを同時にクリックします。
日付-1

日付が入力されました。
続いて、時刻を入力したいセルをクリックして選択してから、
Ctrl キーと「:(コロン)」キーを同時にクリックします。
日付-2

正確な日付と時間が入力されました。
日付-3

エクセルの日付を並べ替える

2017年10月11日(水)

ワークシート内の日付が順序で並んでいない場合は、並べ替えることができます。
001_2017101115372214a.jpg

列を下にドラッグして、並べ替える日付を選びます。

[ホーム] タブで [並べ替えとフィルター] の下にある矢印をクリックし、[昇順] または [降順] をクリックします。
002_20171011153723d83.jpg

順序良く並びました。
003_20171011153725b28.jpg

エクセル連続データの入力

2017年10月09日(月)

連続するデータ入力には「オートフィル」が便利。
大量の場合は[連続データ]ダイアログボックスで、オートフィルの機能をフル活用する方法です。
[連続データ]ダイアログボックスだと1000件の連番も一瞬で入力出来ます。

①連続データの基準となる値をあらかじめ入力し、セルを選択しておきます。
続いて[ホーム]タブの②[フィル]ボタンをクリックし、③[連続データの作成]を選択します。
1

[連続データ]ダイアログボックスが表示されました。ここでは縦(列)方向に「1」〜「30」の連番を振るので、[列]と[加算]をクリックし、[増分値]に「1」、[停止値]に「30」と入力します。[OK]ボタンをクリックしたら完了です。
2

30までの連番が振られました。
3

金額を入力したいが日付になる

2017年10月07日(土)

入力しようとするセルの「表示形式」が「日付」になっているためです

1) 930と入力して
金額-1

2) エンターを押すと、日付になってしまいます。
金額-2

3) 入力しようとするセルの「表示形式」が「日付」になっているためです。「表示形式」を「標準」に設定すると直ります。
金額-3

4) 標準に設定たら、セルは正しく金額が表示さました。
金額-4

エクセルのセル範囲へ同じ文字を一気に入力

2017年10月03日(火)

エクセルのセル範囲へ、同じテキストを一気に入力
セルの入力確定時に「Ctrl+Enter」を押すことで、セル範囲すべてに入力を行うことができます。
入力したいセルを選択しておいて、テキストを入力します。
ここでは例として「東京都」と入力します。
セルの入力-1

続いて、「Ctrl+Enter」を押すことで、セル範囲すべてに入力を行うことができます。
セルの入力-2
へら鮒釣りが趣味の70を過ぎたお爺さんです。

Author:noriheraのブログ
定年後にPCを始めた釣り好きのジジイです。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR