自分のパソコンのバージョンを知る

2018年02月02日(金)

1) 「Windows」キーを押しながら「X」キーを押し、「システム」をクリックします。
バージョン

2) Windows の仕様が現れます。
バージョン2

IMEの郵便番号辞書の情報を確認する

2018年01月29日(月)

ツールバーをクリックして、[追加辞書サービス]から[辞書の設定]をクリックします。
郵便1

[Microsoft IMEの詳細設定]ダイアログボックスが表示されます。[辞書/学習]タブの[システム辞書]から[郵便番号辞書]を選択します。そのまま[辞書の情報]ボタンをクリックします。
郵便2

この辞書は、Microsoft(R) IMEの郵便番号辞書です。日本郵便株式会社から公開された平成29年5月31日更新版のデータをもとに作成されています。
郵便3

以上で確認できました。

郵便番号を住所に変換

2018年01月05日(金)

郵便番号から住所に変換できることは知られていますが、変換するから日本語入力モードで入力するのに直接入力で入力してしまいました。
そういう時、BackSpaceで削除して入力し直してますがキーボードの「スペース」キーの右横にある「変換」キーを押すと、変換候補を表示することができます。

通常は、日本語入力がオンの状態、言語バーが「あ」と表示された状態で郵便番号を入力して、スペースキーを押して変換候補一覧を表示して住所を選択して変換しています。(画像は、Window10で、メモ帳を起動しています。)
住所1

つい直接入力でしてしまいました。
住所2

スペースキーの右横にある「変換」キーを押してみます。
変換候補一覧を表示することができます。
住所3

メモ帳で解説していますが、WordやExcelでも同様の操作ができます。

[きょう]と入力して今日の日付

2018年01月04日(木)

Windows10のIMEでは、日付や現在の時刻の入力が簡単にできるようになっています。
[いま]と入力すると、予測候補の中に現在の時刻が表示されています。
メモ帳を開いて[きょう]、[いま]と入力したところです。

日付1日付2

[あした]・[あさって]・[きのう]・[おととい]の予測候補も出来ます。
[ことし]・[らいねん]・[きょねん]・[さらいねん]の予測候補も出来ます。

いつのアップデートで機能が追加されたのかは分かりませんが、気づかないうちに便利になっていました。

便利な機能を呼び出すショートカット

2017年12月30日(土)

便利な機能をすばやく呼び出せるショートカットキーです。
ショートカットにはさまざまなものがありますが、「Ctrl+変換」だと、「IMEパッド」や「単語の登録」などのショートカットメニューを呼び出せます。
ショートカット1

IMEパッドでは、
ショートカット2

単語の登録では、
ショートカット3

プロパティでは、Microsoft IME の設定が呼びだせます。
ショートカット4

キーボードで文字を入力している最中に、いったん手を離してマウスを操作するのは、作業効率の低下につながるので、とても便利で覚えておきたいショートカットです。
へら鮒釣りが趣味の70を過ぎたお爺さんです。

noriheraのブログ

Author:noriheraのブログ
定年後にPCを始めた釣り好きのジジイです。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR